超早漏.com

早漏とはパートナーの女性が性的に満足する前に男性が射精してしまう行為のことをいいます。しかし更に超早漏と呼ばれる挿入した瞬間に射精してしまうような重度の症状の方もいます。そんな早漏でお悩みの克服方法をご紹介いたします。

早漏と射精中枢の働き

性行為を行なったときに、パートナーである女性が性的な満足をしないうちに男性が射精してしまうことを早漏といいます。男性機能障害の一種で、具体的には膣内に挿入後30秒間~2分間射精を我慢できない状態のことを指します。
ほとんどの場合が身体的には問題はなく、心因性のものが原因だとされています。そのため早漏を改善するためには、射精のメカニズムを知っておくことが大切です。
性的興奮が高まると陰茎が勃起します。それと同時に精嚢と前立腺が働いて液体を分泌して混じり合うことで精液を作り出します。この精液を出すための引き金として射精中枢が重要となってきます。性的興奮が高まり、ある一定までくると射精中枢から信号が出て射精が引き起こされます。この信号は性的刺激によって発生しますが、これは刺激の強弱ではなく刺激が蓄積されることによって発せられます。この射精中枢は脳の中にあるのではなく、腰椎にあるとされています。
では、この信号をコントロールできれば早漏は改善するのではないかと思う人もいるでしょうが、残念ながらコントロールはできないとされています。これは、内臓反射と呼ばれる働きのため意識されることなく起こる現象です。
コントロールはできませんが、射精は自律神経に関わっており、自律神経を鍛えることによって射精は改善していくことはできるとされています。
自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、勃起するときには交感神経が働き、射精には副交感神経が働きます。
自律神経を整えるためには、食事の改善やお風呂の入り方、質の良い睡眠に適度な運動、マッサージやストレッチなどを行なっていくことで整えることができるようになります。